宅建を活す!不動産業界に特化したおすすめ求人サイトと仕事の種類

宅建を活かす不動産求人 就職・転職

宅建を活す!不動産業界に特化したおすすめ求人サイトと仕事の種類

宅建を活かす不動産求人

 

こんな人向けの記事

○宅建を活かせる仕事の種類は?

○不動産業界ってブラック?給料は?

○宅建を活かせる求人サイトある?

宅建を活かせる仕事の種類

宅建は「国家資格」ですので、やはり持っていると行える業務というものがあります。

主に、不動産を取引する際に重要な事項を説明する「重要事項説明」という行為を行う事が主な仕事になります。

これは資格証明書を提示して行わなければならない決まりなので資格を持っていないとできません。

それではどの様な仕事の種類があるのか見てみましょう!

宅建を持っているとやっぱり有利なのね!

不動産の売買仲介

個人が持っている不動産の取引を文字通り「仲介」する仕事です。

売る人と買う人の間に立ち、お客さんの「案内」から「説明重要事項説明」「契約」「住宅ローンの手続き」「登記手続き」「決済手続き」まで一通り対応する仕事となります。

街中で見かける三井のリハウスや東急リバブルなどをお店を見かけると思いますが、そうしたお店でお客さんを待ちながらお客さんの相談に乗りながら対応していく仕事ですね。

賃貸物件の仲介

文字通り賃貸の物件を案内して契約を行う仕事になります賃貸にも重要事項説明というものがありますのでこれを宅地建物取引士が行う形になります。

不動産の開発仕入れ

ビルやマンションなどを建てるために土地を仕入れる必要がありますがその仕入れの仕事になります不動産仲介の仕事をした人た経験を生かして行うケースが多いです

新築マンションの販売

自分たちが建てたマンションなどの不動産を販売していく仕事になります個人のお客様へ販売する場合には重要事項説明が必要になりますので宅地建物取引士が必要になります。

でも、不動産ってブラックって聞くけど、最近はどうなの?

不動産

不動産紹介ってブラックなイメージだけどどうなの?

結論から言うと、働き方改革により、最近はかなり良くなってきています。

昔は100時間残業なんて当たり前の世界でしたが、働き方改革で当然80時間以上の残業はさせられないし、45時間以内に収めろ!という会社も増えてきています。パソコンが夜の8時で自動的にシャットダウンする会社なんかもありますね。かなり働きやすくなってきています。

不動産業界って給料高い?

結論から言ってしまうと、業界平均でみると高いです。

当然扱う価格が個人間で売買されるもののなかでは一番高いので、報酬もそれなりです。日本の産業の中でもトップ5には入る平均年収の高さではないでしょうか。

特に不動産仲介では出来高制をとっている会社も多いので、やればやっただけ年収に跳ね返ってきます。「稼ぎたい!」という人には向いている業界です!(ただし、平日やすみの場合が多いです)

最近は働きやすくなっているのね!早速いい求人を探したいわ!

宅地建物取引士の求人を検索できるサイト「宅建jobエージェント」

不動産求人検索

「宅建jobエージェント」

不動産業界に特化した求人検索サイトです。不動産に特化している事でレアな求人も集まりやすくなります。

働きたい地域と職種、電話番号を入力すれば不動産業界に精通したプロのエージェントからおすすめの求人を連絡貰えるのでおすすめです☆
不動産業界に特化した専門求人サイト
不動産業界に精通したエージェントが対応してくれる
実際の働き方・会社の雰囲気も教えてくれる
宅建jobエージェント公式HPはこちらから↓

コメント